風が優しく吹き渡る

優しく吹き渡る風のように、日常に感謝と笑顔を届けてくれる、ヒト・モノ・コト達

突然の来客でも、ウェルカムなお掃除

   

今、一番の望み。
それは
突然の来客も、まったく問題無い、掃除の行き届いた家に整えること。

いつでも、友人達を呼べる状態にしたいと思いながら、
もう、何年も、実現出来ていない事だ。

私は、なかなか物が捨てられない。
特に書類系が苦手だ。
ちょっと気を抜くと、床面積がどんどん少なくなってゆく。

これまで
掃除の本やセミナーにも触れてきたが、
どれも、決定的な解決には至っていない。

お金をかけて、専門の方にサポートをお願いした事もある。
1度目は、物を捨てず、移動しただけだった。
2度目は、物を捨てたが、その後また、物が増えている。

サポートが有効なケースもあると思う。
私も、自分では踏み込みにくいものまで捨てる事が出来たのは、
サポートのお陰だった。
でも、私の心が、変わらないから、また元に戻ってしまっている。
だから、サポートを受けた経験は、
根本的な解決には、自分を変える事が必要と、学ぶ経験でもあった。

部屋の状況は、心
机の状況は、頭

何とかしようと、もう一度、立ち上がったタイミングで、

久しぶりに、心に火をつけてくれる本に出会った。

タイトル:部屋を活かせば頭が良くなる
著者:部屋を考える会

掃除は、つまり物の取捨選択に関わっていると思う。

今、何かに行き詰まっているなら、
物を、バッサリ捨ててみてはいかがだろうか。

私は、何度か、空間を空けて、良いものを呼び込む体験をしている。

物を選び、捨てる決断するには、
シャープな頭と、クリアな心が要求される。

逆もまた有りで、
捨てるべき物を、感謝と勇気を持って捨ててゆけば、
頭と心が研ぎ澄まされてゆく。

あと半月、チャレンジだ。

 - 掃除, 本棚